職能型国民年金基金ってなによ?

自営業の人は、国民年金基金と言う制度を、知ってますかね。
ご存知の方も多いと思います。
(笑顔) 反対に会社員の人で、会社員の主人を持つ奥様などは、ピンと来ないのではないでしょうか。
『国民年金基金』 これは、厚生大臣の認可を受けている公的な法人と言うことになります。
そして、この国民年金基金には、基本的に二つの基金があります。
その2つにわかれています。
47都道府県に設立されている地域型基金があります。
それから25の職種別に設立されている職能型基金になります。
サラリーマンの人だと、厚生年金にあたるもので、基礎年金にプラスして給付される年金と言うことになります。
まず、地域型の国民年金基金についてですが、平成3年に47都道府県で設立されています。
<地域型基金の加入対象者について> その都道府県に住所がある、国民年金第1号被保険者と言うことになります。
<職能型の国民年金基金について> 職能型基金の加入対象者は、それぞれの基金ごとに定めてある事業、定めてある業務に従事しています。
国民年金の第1号被保険者と言うことになります。
二つの基金が行う事業内容と言うのは同一となります。
※加入する場合は、二つに同時加入は不可となっています。
どちらか一つの基金だけにしか加入することができません。
それでは、25の職能型国民年金基金には、どのような業種があるのでしょう?
生命保険は早く加入したほうがお得?【若いうちが良い?必要ない?】