引っ越しをする手順は?

自分の引っ越しでは、自分たちで運べないものだけ業者にお願いし、お金をかけたくないので、後は自分たちで持っていきました。
荷物を全部移動させたところで、市役所に転入届を出しに行きました。
いろいろなハプニングもありましたが、思いがけない人が協力してくれるもので、本当にありがたいことです。
ご近所への挨拶も済ませ、手続きも荷物の整理も山積みですが、一つずつ片付けます。
物件探しについてなのですが、近所にあった不動産屋さんのお店に直接行って、部屋探しをしました。
その不動産屋さんで、私の担当をしてくれた人が、大変親切で、色々な質問にも答えてくれましたし、印象が良かったので、いくつかおススメとされた物件の中から、決めてみました。
そことは別の不動産屋さんも訪ねて、相談もしてみるつもりはあったのですが、他の違う店での物件情報も、紹介できると担当の方が仰るので、あちこち出向かずに済みました。
以前からの夢だった一軒家の家を購入しました。
移転する前にそれぞれの居室にクーラーを取り付けなければなりません。
入用なクーラーの数は四つ、なかなかの出費です。
それでも、大手の電器店でまとめて四つ買うからとお願いすると、かなり割引をしてくれました。
予定していた料金よりも、大幅に安くすみました。
思った以上に、数々の事務手続きの多さに驚くのが、引っ越しというものです。
それらの中でも、特に大事なものと言えば免許証を筆頭に、自動車にまつわる諸々の書類があります。
免許証は、登録してある住所を変更してもらうのですが本人確認書類としても使えるのが運転免許証ですし、誰もが大体すぐに、ちゃんと手続きをされるようです。
しかし、なぜか車庫証明の登録し直しのことは、忘れられがちです。
車庫証明登録のし直しは、免許証と同じで、警察署でできます。
なので、忘れずに免許証とセットで済ませてしまえば一石二鳥です。